歯の裏が黒いのはなぜ?むし歯とステイン(着色汚れ)の違い

普段だと歯の裏側は、なかなか見えにくい場所です。しかし、手鏡などで何気なくチェックした際に、歯が黒くなっているのを発見し、むし歯かどうか不安になった!といった声を伺うこともあります。
歯の裏側が黒くなる原因は、むし歯だけではありません。すぐに治療をすべきがどうかは、それぞれのお口の状況によって異なります。そこで今回は、歯が黒くなる原因や綺麗な状態に戻す治療法をまとめました。ぜひ参考になさってください。

歯が黒くなる4つの主な原因

原因①食べ物・飲み物・タバコによる色素着色(ステイン)

歯磨き粉のCMなどで「ステイン」という言葉を聞いたことはありますか?ステインは、食べ物や飲み物に含まれている色素が、歯の表面についているタンパク質と結合したものです。色の濃い飲食物を摂取するとステインになりやすく、カレー、トマトパスタ、キムチ、コーヒー、お茶などは要注意。他にも着色の原因になるのが「タバコ」です。タバコのヤニは、ステインよりもさらに粘着性があり、黒くなるだけでなく歯を黄ばませる原因にもなります。

ステインは水に溶けることがなく、ブラッシングだけではなかなか落とすことができません。特に歯の裏側は磨きにくく、タンパク質も溜まりやすいため、黒くなりやすい部位なのです。

原因②黒い歯石

歯の裏側に黒い塊がついている場合は「黒い歯石」の可能性があります。歯石とは、プラーク(歯垢)が唾液に含まれる成分と結合して、石のように硬くなったものを指します。

通常の歯石は白っぽい色をしているのが特徴です。しかし、歯ぐきのキワ、もしくは歯周ポケットの中にある歯石は、血液の成分を含みやすくなるので、色が黒っぽくなります。特に歯周病が進行している人は、歯ぐきが炎症を起こして出血しやすいため、歯石が黒くなる傾向にあります。

原因③むし歯

細菌が出す酸によって歯が溶けていくむし歯。むし歯が黒っぽく見えるのは、歯が溶けた部分に色素が沈着することで、黄色、茶色、黒色と徐々に色が変化していくためです。黒っぽい部分が少なくても、内部でむし歯が広がっていることもあります。少しでも歯の色の変化に気づいた場合は、早めに歯科医院の受診を検討しましょう。

原因④神経を抜いた歯

歯の神経を抜いた場合、もしくは神経が死んでしまっている場合も、歯が変色して黒くなることがあります。私たちの歯の中には、歯に栄養を送るための神経や血管が通っています。しかし、神経を取ってしまうと栄養が循環しなくなり、象牙質の内部に鉄分やコラーゲンが沈着し、黒く見えてしまうのです。

黒くなった歯を白くする4つの方法

歯のクリーニング

歯の裏の黒ずみが着色汚れだった場合は「歯のクリーニング」が効果的です。専用の器具を使うことで、ご自宅のセルフケアでは取り除けない頑固な汚れをしっかり落とすことができます。
超音波の力を使って汚れを除去する「スケーリング」、非常に細かいパウダーを歯に吹き付ける「エアフロー」など、さまざまな方法でクリーニングを行います。

歯石除去やPMTCなど黒い歯石を削る

歯の裏に黒い歯石が付着している場合は、歯周ポケットの深いところまで丁寧に歯石を取り除いていきます。同時に歯科医師や歯科衛生士による専門的な処置「PMTC」を行えば、歯の表面にあるバイオフィルムを除去し、プラークを付きにくくすることが可能です。

歯を削り、詰め物・被せ物を装着する

むし歯によって歯が黒くなっている場合は、歯を削った後に詰め物や被せ物を装着し、白い歯にすることが期待できます。補綴物は保険診療と自費診療の2種類に分かれます。特にセラミックを利用した自費診療は「天然歯に近い美しさを得られる」「汚れがつきにくい」「再度むし歯になりにくい」などのメリットがあります。

ウォーキングブリーチを行う

神経をとった後に変色した前歯は、「ウォーキングブリーチ」で白くすることが期待できます。ウォーキングブリーチは歯の内部にホワイトニング剤を詰めて、内側から脱色していく治療法です。通常のホワイトニングはエナメル質にしか作用しませんが、ウォーキングブリーチは象牙質自体を白くすることが可能です。

まとめ

歯の黒ずみの原因は「着色汚れ」「歯石」「むし歯」「歯の神経が失われること」の4つに分けられます。歯の裏に黒ずみがある場合、当院では、むし歯によるものなのか、着色汚れなのかをわかりやすく患者様にお伝えするのが特徴です。
特にむし歯や歯石などが原因で黒ずみが生じている場合は、早めに処置をしないと治療が大きな負担となるケースも考えられます。少しでも歯の色の変化に気づいたら、ご自身で症状を判断せず、早めに当院までご相談ください。

PageTop