「インプラントオーバーデンチャー」と「総入れ歯」

~ほとんど歯がない時の治療法のメリットとデメリット~

事故や病気などで歯をほとんど失った場合、多くの方は治療の選択肢として、総入れ歯(総義歯)をお考えになると思います
しかし最近では歯科医療の進歩により、新たな治療の可能性も出てきました。
それがインプラントと入れ歯のメリットを組み合わせた「インプラントオーバーデンチャー」です。

総入れ歯の特徴とは?

歯を失った数が多い、もしくはほとんど無いときの治療として代表的な総入れ歯。
初診・調整・カウンセリングなど、すべての工程が保険適用されることもあり、非常にリーズナブルです。
しかし保険診療の総入れ歯は、入れ歯がたわんだり、一部分が当たったりと不具合が生じるリスクが高い傾向にあります。
その不具合を解消したのがインプラントです。顎の骨に人工歯根を埋め込み、上から被せ物をすることで、天然歯に近い噛み心地を回復することが期待できます。
ただ、お口の中すべてにインプラント治療を行うことは、費用面や身体への負担から難しいのが実情でした。
そこでインプラントと総入れ歯を組み合わせた「インプラントオーバーデンチャー」が登場したわけです。

インプラントオーバーデンチャーとは?

インプラントオーバーデンチャーは、インプラントを支えにして入れ歯を固定化する治療法です。
インプラントを入れる本数が少なくて済み、手術の負担や費用を抑えつつ、しっかりと噛むことが期待できます。
入れ歯部分は取り外し可能なので、清掃面に優れているのもメリットの一つといえるでしょう。固定化の方法は、マグネットやスナップボタンなど患者様の症例によって様々です。
いずれにしても、インプラントと入れ歯を組み合わせれば、総入れ歯が外れたり、ずれたりといった従来のお悩みを解決できます。

それぞれのメリット・デメリット

■『インプラントオーバーデンチャー』のメリット

  • インプラントを利用するので噛む力が強い
  • 取り外し可能なためメインテナンスがしやすい
  • インプラントをする本数が少なく、費用がリーズナブル
  • 入れ歯のズレが抑えられるため発音がわかりやすくなります

■『インプラントオーバーデンチャー』のデメリット

  • 外科手術が必要となります
  • 患者様の健康状態によっては治療が受けられません
  • 健康保険が適応されません(医療費控除は受けられます)
  • 長い間使い続けていただくためには、インプラントと義歯(入れ歯)それぞれのメインテナンスが欠かせません

■『総入れ歯』のメリット

  • 外科手術をする必要がありません
  • すべての治療工程に保険適用が可能です
  • 取外し可能なのでメインテナンスが簡単です
  • 多くの歯科医院で採用されているため、破損した場合の修理が容易です
  • ■『総入れ歯』のデメリット

    • 噛む力がインプラントよりも弱い
    • 安定性に難がある
    • 総入れ歯と歯茎が接触することで痛みを感じることが多い
    • 顎の骨や歯茎が徐々に痩せてくる

「All-on-4(オールオンフォー)」というさらなる選択肢も

義歯をインプラントで固定する方法には、もうひとつ「All-on-4(オールオンフォー)」という治療法もあります。
これはインプラントを4本埋め込んだ後、その上に12分本分の歯を被せて、完全に固定するというものです。
すべての歯をインプラントで治療するよりもリーズナブル。さらに噛み心地や見た目が、限りなく天然歯に近くなることから近年注目を集めています。
「総入れ歯の装着感が苦手」「入れ歯は取り外しが面倒くさい」といった患者様におすすめです。
ただ、インプラントオーバーデンチャーと異なり、取り外しができないのでメインテナンスをきちんと行わないと、インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)のリスクが高まります。

当院の考え

インプラントオーバーデンチャーは、メインテナンスがしやすく、ほとんど歯を失ったとしても天然歯に近い噛み合わせを回復することができます。そのため、近年治療法として提案することが増えてきました。
もちろん、当院では総入れ歯やAll-on-4(オールオンフォー)にも対応しています。患者様のお口の状態、糖尿病や骨粗鬆症などの全身疾患、費用面などを総合的に考えて、複数の治療の選択肢を提案することが可能です。
総入れ歯のお悩みやインプラント治療に興味がございましたら、まずは一度ご相談下さい。


PageTop